読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I=envS

興味のあることをまとめて書きます

電波ソング初心者に贈る、聴くべき電波ソング名盤名曲集

電波ソング 音楽 オタク 秋葉原 コミケ M3 同人音楽 音ゲー

電波ソングとは?

萌えソングとも呼称される音楽ジャンル。声優的声質の女性ボーカルが、シンセの効いた演奏に乗せて、ハイテンションで萌え萌えで意味不明な歌詞を歌うものが一般的である。まあどんなもんか聞けばわかるでしょ。

めうめうぺったんたん!!
Vo.五十嵐裕美(芽兎めう) 作詞:夕野ヨシミ(IOSYS) 作編曲:ARM(IOSYS)
 
はい、言わずと知れた?電波ソングのお手本のような曲です。めうのはんこをぺったんだめうー。
この頭の悪い歌詞とか声優さんの萌えボイス、そして曲自体の素晴らしい完成度が、恐ろしいほどの中毒性を生み出す。これが電波ソングの魅力です。
最近では電波ソング音ゲーに収録される事が増え、音ゲーをプレイすることから電波ソングにハマっていく人も多いかと思います。
しかしこういった電波ソングの総まとめ的情報は少なく、ハマったばかりの人は何を聴けばいいのか分からないこともしばしばです。僕もそうでした。
そこで、僕の独断と偏見で選んだ、電波ソングの名盤を紹介し、そこから作曲者やボーカル、サークルや企画の話に繋げていこうと思います。

聴くべき電波ソング名盤・名曲

BITTER SWEET GIRLS! / 日向美ビタースイーツ♪


先ほど紹介した「めうめうぺったんたん!!」と、ARM先生の伝説的名曲である「ちくわパフェだよ☆CKP」が収録されたアルバム。電波色が強いのはこの2曲だが、他の曲もジャンルに富みかつ素晴らしい完成度である。
「ちくわパフェだよ☆CKP」(ちくパ)は、電波ソング的な歌詞と曲構成に、ジャズコードの要素を取り入れた意欲作です。この全く新しい試みが破綻せず非常にうまくまとまっている所が素晴らしい。歴史的名曲だと思います。

ワァオ!ハイパー電波チャン / ARM(IOSYS)

ARM氏の伝説的名盤。電波ソングというジャンルや手法を確立させた一枚と言って過言でないと考えます。ARM先生の電波ソング界における貢献は計り知れません。
Tr.1の初っ端から凄まじいハイテンションで始まります。捨て曲ありません。すっごい密度の全11曲。ウマウマRemixに若干時代を感じますね(発売2009)。
 
ここで少しARM氏についてお話しておきましょう。
ARMさんは北海道生まれ北海道育ちの道産子さんです。北海道大学に進学なされ、IOSYSという1998年に北大で結成されたサークルで作曲を担当。このIOSYSは現在まで活動を継続しているんだから驚きです。IOSYSでは東方シリーズの音楽アレンジなどの活動をしており、そこで作編曲のスキルを磨いていった模様。
東方アレンジでは、「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」や「チルノのパーフェクトさんすう教室」が有名。どちらも電波色の強いアレンジとなっています。

他にARM先生の代表曲は、「オタサー☆レボリューション」や「突撃!ガラスのニーソ姫!」などがありますね。音ゲー収録曲が多いです。

ばーさす! / かめりあ feat. ななひら

同人音楽ではすっかり第一人者となった感のある「かめりあ」さんと、こちらもすっかり電波ソング界の歌姫となった「ななひら」さんのコラボCDです。
特筆すべきはなんと言っても曲の完成度。Tr.1「めいらーだえもん☆だもん」から素晴らしいクオリティでぶっ飛ばして電波テイスト。しかしTr.3のようにバラード調の曲があったりするのも、作曲の幅が広いかめりあ氏ならでは。かめりあさんの曲SDVXに何曲入ってんだよって感じですよね。電波もあればハードコアEDMまで…
さて、このアルバムの中で一番の輝きを誇るのがTr.11「ませまてぃっく♥ま+ま=まじっく!(L×o÷n=g♥V±e∽r!)」。音ゲーに提供された原曲Tr.5「ませまてぃっく♥ま+ま=まじっく!」のロングバージョンです。いやああ素晴らしいメロディです。ポップでキャッチーでハイテンション。これぞ電波ソング。なんでカラオケで配信されてねえんだ。
また、かめりあさんとななひらさんのコラボで、「ばーさす!」以外にも3作ほどアルバムを出しているので、興味がある方はそちらもぜひ。ただ若干似た曲が出てきちゃうのは仕方ないのかなあ。
 
さて、ななひらさんですね。電波ソングの最新情報が知りたければ彼女のWebサイトで彼女の新曲情報を追いかけると良いです。それくらいななひらさんは電波ソングを歌いまくってます。最近の電波ソングのアルバムを買うと1曲は必ずななひらさんが歌ってるレベルです。
Halozyさんとコラボした「物凄いシリーズ」では、電波調にアレンジされた東方曲をななひらさんが超ハイテンションで歌ってます。曲と声の中毒性が本当に凄い。お前の声は違法薬物か。

ななひらさんの特徴的な妹系ボイスは独学で習得されたそう。地声は意外に低いとか。
あともちろん電波ソングのパイオニアことARMさんとのコラボもある。

ピコロニーノーツ3 / ポヤッチオ

ポヤッチオという電波ソング作ろうぜ的なサークルのアルバム。主催は「かたほとり」。
でね、最近じゃこんな高品質な電波ソングを量産してくれる団体なんて大変貴重なんですよ。しかも作曲陣からして超豪華。ARM、かめりあ、colate、y0c1e……。さらに歌ってる人も豪華。ななひら、ココ、なゆ、ゆきまめ、miko……。こんな豪華なCDがたった千円で買えるんだから同人音楽恐ろしい限り。最新の電波曲のトレンドを知りたければ、ポヤッチオのCDのCheckは必須です。さあ、コミケに出陣するのじゃ。もちろんどの曲も電波萌えきゅん可愛いめう。
そうですね、この中でオススメは、Tr.5「開店☆彡アイドルベーカリー」ですね。萌えを狙いすぎててもはや笑えてくるという一曲です。桃箱さんの舌っ足らずな声が、曲の可愛さとバカバカしさを大いに引き立てています。あとはかめりあ氏作詞作曲のTr.7「TOUR ON THE 未確認飛行物体<UFO>2216」ですね。ココさんの甲高い特徴的なボイスを非常にうまく利用している一曲。曲の構成やサビの盛り上がりも素晴らしいです。

AKIBA-POP√RECOLLECTION / MOSAIC.WAV

AKIBA?POP RECOLLECTION 【初回限定盤】

00年代前半の電波ソングの黎明期から活躍するグループの1つがこの「MOSAIC.WAV」です。他には「I've」と「Avenue」があって、これらのグループが電波ソングの三大始祖です。まあ電波ソングの発祥を辿れば、PC黎明期のエロゲOPEDに辿り着くわけなんですが、このMOSAIC.WAVもエロゲOPに曲提供してて、そこから電波ソングの名曲が生まれている感じです。
MOSAIC.WAVのファーストシングルがこちら「Magical Hacker☆くるくるリスク」。2004年発売です。

まず魔法使いリスクとバグベアー君のボイスドラマで始まり、CDプレーヤーを破壊する演出やら、PCからウフフなファイルをコピーしていってしまう演出があり、まあとんでもない衝撃作です。
で、2006年発売のエロゲ「ふぃぎゅ@メイト」にOPとして提供したのが、「ガチャガチャきゅ〜と・ふぃぎゅ@メイト」ですね。超有名曲。

ザ・電波ソング。可愛い掛け声やらハイテンションなサビやらCメロとして突如導入されるちょっとエッチなボイスドラマやら、まさに電波ソングの手本です。流石。
これらのMOSAIC.WAVの代表作をぎゅぎゅっと詰め込んだのがこのベストアルバム「AKIBA-POP√RECOLLECTION」です。このアルバムはもう電波ソングの歴史と言って過言ではない。アマゾンで買えます。
で、このMOSAIC.WAV電波ソングの良いところなんですが、DAMのカラオケで歌えます。オタク同士で歌うと結構盛り上がったりするのでオススメです。一般人の前で歌うなよ。

KISS THE COMET EP / colate

colateさんは非常に完成度の高いキラキラなポップス曲を作っています。それでいてカッコ可愛いInstrumental曲も作ってらっしゃるので、本当に凄い。そんなcolateさんの魅力が詰まったのがこの1枚。正直電波ソングかと言われると微妙ですが、同人音楽界でcolateさんは超オススメなので紹介させていただきました。
Tr.1「Kiss The Comet feat. なゆ」は、なゆさんの声と曲のキラキラ感がうまく噛み合っていて、聴いていてとても楽しい曲です。メロダインでなゆさんの声を更にケロケロにして利用してたりと、遊び心も感じられます。

その他

電波ソングはその性質上、アルバムで出してるのが少ないです。そんな中で僕が聴いて欲しい名曲を挙げてみました。

もってけ!セーラーふく / 神前暁

らき☆すたのOPです。有名ですね。

Princess Party~青春禁止令~ / void・夕野ヨシミ

ARMさんと同じくIOSYSメンバーであるvoidさん作曲による電波ソング。エロゲ「Princess Party ~プリンセスパーティー~」のOPとして提供。
エロゲソングらしくちょっとエッチな歌詞。作詞はIOSYS所属の夕野ヨシミさんです。だいたいIOSYS作の電波ソングの歌詞はこの人が書いてます。
voidさんもエロゲに電波ソングを提供しまくっているので、こちらのvoidさんのプロフィールページにある提供曲名をYoutubeで検索してみたりすると電波ソングの世界が広がると思います。

和菓子といっしょに立ち上がれっ! / A than_Lily

2016年秋のM3で出された曲です。A than_Lilyさんは電波ソング界期待の新星。フルバージョンがネットに上がってないので、とらのあなで買って聴いてみてください。大変良曲です。途中の和菓子ラップがいい味出してますね。

Zoo feat. kana / さつき が てんこもり

これも16年秋のM3での作品。Sound Cloudでフルで聴けるので是非聴いてください。kanaさんの声がまずヤバイですね。ふぁみふぁみま~以来の衝撃。脳にダイレクトで響く萌え成分みたいのがkanaさんの声にはあると思います。曲自体の完成度と中毒性も本当に凄い。

電波ソングCDの購入方法

これを見て、電波ソングのCDが欲しくなったアナタ!大抵の作品はメジャーで出している訳ではないので、タワレコに行っても店員が困惑するだけです。めっちゃ恥ずかしいと思う。
そこで購入には大きく分けて2つの方法があります。
1つはイベント会場で購入する方法。最近ではこの手のCDは、春と秋に開催される「M3」という同人音系即売会か、夏と冬に開催される御存知「コミックマーケット」で頒布される例がほとんどです。ですのでそのイベント会場まで行って並んで買うのが方法の1つ。電波の世界とかいう有能なサイトがありますので、そのイベントで頒布されるCDの下調べを事前にしておきましょう。デメリットは、東京以外に住んでいると遠征費が必要になる事とか、予定が合わないと行けない事とか。
では、イベントで買いそびれてしまったものはどうするのか。それが2番目の方法で、委託販売を利用するというもの。とらのあなメロンブックスでCDを委託販売していたり、サークルによってはダウンロード配信しているところもあります。歌詞カードが手に入らないのがダウンロード配信の欠点ですね。デメリットは、全てのサークルが委託販売してるわけではない事とか、「委託販売するよ!」って言ってたのに結局しないみたいなパターンがしょっちゅうある事とかですね。
 
 
それでは、良い電波ソングライフを!!