I=envS

興味のあることをまとめて書きます

電波ソング初心者に贈る、聴くべき電波ソング名盤名曲集

電波ソングとは?

萌えソングとも呼称される音楽ジャンル。声優的声質の女性ボーカルが、シンセの効いた演奏に乗せて、ハイテンションで萌え萌えで意味不明な歌詞を歌うものが一般的である。まあどんなもんか聞けばわかるでしょ。

めうめうぺったんたん!!
Vo.五十嵐裕美(芽兎めう) 作詞:夕野ヨシミ(IOSYS) 作編曲:ARM(IOSYS)
 
はい、言わずと知れた?電波ソングのお手本のような曲です。めうのはんこをぺったんだめうー。
この頭の悪い歌詞とか声優さんの萌えボイス、そして曲自体の素晴らしい完成度が、恐ろしいほどの中毒性を生み出す。これが電波ソングの魅力です。
最近では電波ソング音ゲーに収録される事が増え、音ゲーをプレイすることから電波ソングにハマっていく人も多いかと思います。
しかしこういった電波ソングの総まとめ的情報は少なく、ハマったばかりの人は何を聴けばいいのか分からないこともしばしばです。僕もそうでした。
そこで、僕の独断と偏見で選んだ、電波ソングの名盤を紹介し、そこから作曲者やボーカル、サークルや企画の話に繋げていこうと思います。

聴くべき電波ソング名盤・名曲

BITTER SWEET GIRLS! / 日向美ビタースイーツ♪


先ほど紹介した「めうめうぺったんたん!!」と、ARM先生の伝説的名曲である「ちくわパフェだよ☆CKP」が収録されたアルバム。電波色が強いのはこの2曲だが、他の曲もジャンルに富みかつ素晴らしい完成度である。
「ちくわパフェだよ☆CKP」(ちくパ)は、電波ソング的な歌詞と曲構成に、ジャズコードの要素を取り入れた意欲作です。この全く新しい試みが破綻せず非常にうまくまとまっている所が素晴らしい。歴史的名曲だと思います。

ワァオ!ハイパー電波チャン / ARM(IOSYS)

ARM氏の伝説的名盤。電波ソングというジャンルや手法を確立させた一枚と言って過言でないと考えます。ARM先生の電波ソング界における貢献は計り知れません。
Tr.1の初っ端から凄まじいハイテンションで始まります。捨て曲ありません。すっごい密度の全11曲。ウマウマRemixに若干時代を感じますね(発売2009)。
 
ここで少しARM氏についてお話しておきましょう。
ARMさんは北海道生まれ北海道育ちの道産子さんです。北海道大学に進学なされ、IOSYSという1998年に北大で結成されたサークルで作曲を担当。このIOSYSは現在まで活動を継続しているんだから驚きです。IOSYSでは東方シリーズの音楽アレンジなどの活動をしており、そこで作編曲のスキルを磨いていった模様。
東方アレンジでは、「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」や「チルノのパーフェクトさんすう教室」が有名。どちらも電波色の強いアレンジとなっています。

他にARM先生の代表曲は、「オタサー☆レボリューション」や「突撃!ガラスのニーソ姫!」などがありますね。音ゲー収録曲が多いです。

ばーさす! / かめりあ feat. ななひら

同人音楽ではすっかり第一人者となった感のある「かめりあ」さんと、こちらもすっかり電波ソング界の歌姫となった「ななひら」さんのコラボCDです。
特筆すべきはなんと言っても曲の完成度。Tr.1「めいらーだえもん☆だもん」から素晴らしいクオリティでぶっ飛ばして電波テイスト。しかしTr.3のようにバラード調の曲があったりするのも、作曲の幅が広いかめりあ氏ならでは。かめりあさんの曲SDVXに何曲入ってんだよって感じですよね。電波もあればハードコアEDMまで…
さて、このアルバムの中で一番の輝きを誇るのがTr.11「ませまてぃっく♥ま+ま=まじっく!(L×o÷n=g♥V±e∽r!)」。音ゲーに提供された原曲Tr.5「ませまてぃっく♥ま+ま=まじっく!」のロングバージョンです。いやああ素晴らしいメロディです。ポップでキャッチーでハイテンション。これぞ電波ソング。なんでカラオケで配信されてねえんだ。
また、かめりあさんとななひらさんのコラボで、「ばーさす!」以外にも3作ほどアルバムを出しているので、興味がある方はそちらもぜひ。ただ若干似た曲が出てきちゃうのは仕方ないのかなあ。
 
さて、ななひらさんですね。電波ソングの最新情報が知りたければ彼女のWebサイトで彼女の新曲情報を追いかけると良いです。それくらいななひらさんは電波ソングを歌いまくってます。最近の電波ソングのアルバムを買うと1曲は必ずななひらさんが歌ってるレベルです。
Halozyさんとコラボした「物凄いシリーズ」では、電波調にアレンジされた東方曲をななひらさんが超ハイテンションで歌ってます。曲と声の中毒性が本当に凄い。お前の声は違法薬物か。

ななひらさんの特徴的な妹系ボイスは独学で習得されたそう。地声は意外に低いとか。
あともちろん電波ソングのパイオニアことARMさんとのコラボもある。

ピコロニーノーツ3 / ポヤッチオ

ポヤッチオという電波ソング作ろうぜ的なサークルのアルバム。主催は「かたほとり」。
でね、最近じゃこんな高品質な電波ソングを量産してくれる団体なんて大変貴重なんですよ。しかも作曲陣からして超豪華。ARM、かめりあ、colate、y0c1e……。さらに歌ってる人も豪華。ななひら、ココ、なゆ、ゆきまめ、miko……。こんな豪華なCDがたった千円で買えるんだから同人音楽恐ろしい限り。最新の電波曲のトレンドを知りたければ、ポヤッチオのCDのCheckは必須です。さあ、コミケに出陣するのじゃ。もちろんどの曲も電波萌えきゅん可愛いめう。
そうですね、この中でオススメは、Tr.5「開店☆彡アイドルベーカリー」ですね。萌えを狙いすぎててもはや笑えてくるという一曲です。桃箱さんの舌っ足らずな声が、曲の可愛さとバカバカしさを大いに引き立てています。あとはかめりあ氏作詞作曲のTr.7「TOUR ON THE 未確認飛行物体<UFO>2216」ですね。ココさんの甲高い特徴的なボイスを非常にうまく利用している一曲。曲の構成やサビの盛り上がりも素晴らしいです。

AKIBA-POP√RECOLLECTION / MOSAIC.WAV

AKIBA?POP RECOLLECTION 【初回限定盤】

00年代前半の電波ソングの黎明期から活躍するグループの1つがこの「MOSAIC.WAV」です。他には「I've」と「Avenue」があって、これらのグループが電波ソングの三大始祖です。まあ電波ソングの発祥を辿れば、PC黎明期のエロゲOPEDに辿り着くわけなんですが、このMOSAIC.WAVもエロゲOPに曲提供してて、そこから電波ソングの名曲が生まれている感じです。
MOSAIC.WAVのファーストシングルがこちら「Magical Hacker☆くるくるリスク」。2004年発売です。

まず魔法使いリスクとバグベアー君のボイスドラマで始まり、CDプレーヤーを破壊する演出やら、PCからウフフなファイルをコピーしていってしまう演出があり、まあとんでもない衝撃作です。
で、2006年発売のエロゲ「ふぃぎゅ@メイト」にOPとして提供したのが、「ガチャガチャきゅ〜と・ふぃぎゅ@メイト」ですね。超有名曲。

ザ・電波ソング。可愛い掛け声やらハイテンションなサビやらCメロとして突如導入されるちょっとエッチなボイスドラマやら、まさに電波ソングの手本です。流石。
これらのMOSAIC.WAVの代表作をぎゅぎゅっと詰め込んだのがこのベストアルバム「AKIBA-POP√RECOLLECTION」です。このアルバムはもう電波ソングの歴史と言って過言ではない。アマゾンで買えます。
で、このMOSAIC.WAV電波ソングの良いところなんですが、DAMのカラオケで歌えます。オタク同士で歌うと結構盛り上がったりするのでオススメです。一般人の前で歌うなよ。

KISS THE COMET EP / colate

colateさんは非常に完成度の高いキラキラなポップス曲を作っています。それでいてカッコ可愛いInstrumental曲も作ってらっしゃるので、本当に凄い。そんなcolateさんの魅力が詰まったのがこの1枚。正直電波ソングかと言われると微妙ですが、同人音楽界でcolateさんは超オススメなので紹介させていただきました。
Tr.1「Kiss The Comet feat. なゆ」は、なゆさんの声と曲のキラキラ感がうまく噛み合っていて、聴いていてとても楽しい曲です。メロダインでなゆさんの声を更にケロケロにして利用してたりと、遊び心も感じられます。

その他

電波ソングはその性質上、アルバムで出してるのが少ないです。そんな中で僕が聴いて欲しい名曲を挙げてみました。

もってけ!セーラーふく / 神前暁

らき☆すたのOPです。有名ですね。

Princess Party~青春禁止令~ / void・夕野ヨシミ

ARMさんと同じくIOSYSメンバーであるvoidさん作曲による電波ソング。エロゲ「Princess Party ~プリンセスパーティー~」のOPとして提供。
エロゲソングらしくちょっとエッチな歌詞。作詞はIOSYS所属の夕野ヨシミさんです。だいたいIOSYS作の電波ソングの歌詞はこの人が書いてます。
voidさんもエロゲに電波ソングを提供しまくっているので、こちらのvoidさんのプロフィールページにある提供曲名をYoutubeで検索してみたりすると電波ソングの世界が広がると思います。

和菓子といっしょに立ち上がれっ! / A than_Lily

2016年秋のM3で出された曲です。A than_Lilyさんは電波ソング界期待の新星。フルバージョンがネットに上がってないので、とらのあなで買って聴いてみてください。大変良曲です。途中の和菓子ラップがいい味出してますね。

Zoo feat. kana / さつき が てんこもり

これも16年秋のM3での作品。Sound Cloudでフルで聴けるので是非聴いてください。kanaさんの声がまずヤバイですね。ふぁみふぁみま~以来の衝撃。脳にダイレクトで響く萌え成分みたいのがkanaさんの声にはあると思います。曲自体の完成度と中毒性も本当に凄い。

電波ソングCDの購入方法

これを見て、電波ソングのCDが欲しくなったアナタ!大抵の作品はメジャーで出している訳ではないので、タワレコに行っても店員が困惑するだけです。めっちゃ恥ずかしいと思う。
そこで購入には大きく分けて2つの方法があります。
1つはイベント会場で購入する方法。最近ではこの手のCDは、春と秋に開催される「M3」という同人音系即売会か、夏と冬に開催される御存知「コミックマーケット」で頒布される例がほとんどです。ですのでそのイベント会場まで行って並んで買うのが方法の1つ。電波の世界とかいう有能なサイトがありますので、そのイベントで頒布されるCDの下調べを事前にしておきましょう。デメリットは、東京以外に住んでいると遠征費が必要になる事とか、予定が合わないと行けない事とか。
では、イベントで買いそびれてしまったものはどうするのか。それが2番目の方法で、委託販売を利用するというもの。とらのあなメロンブックスでCDを委託販売していたり、サークルによってはダウンロード配信しているところもあります。歌詞カードが手に入らないのがダウンロード配信の欠点ですね。デメリットは、全てのサークルが委託販売してるわけではない事とか、「委託販売するよ!」って言ってたのに結局しないみたいなパターンがしょっちゅうある事とかですね。
 
 
それでは、良い電波ソングライフを!!

化学式の上付き・下付き文字を自動化するスクリプト

前回の化学まとめ記事で「下付き文字」と「上付き文字」がマジで地獄だったので、自動化出来るようにしてみました。 というのも、「[Ag(NH3)2]^+」と打つだけでも、

「[Ag(NH<sub>3</sub>)<sub>2</sub>]<sup>+</sup>」と打つ必要があるのです。。。果てしなく打ちにくいし、書いてる側からとんでもなく読みにくい。

というわけで、みんな大好きJQueryでほぼ完全に自動化しました。多分どこかに先例があると思うんですが僕は見つけられなかった。

使い方

はてな民は、ある記事のみで使いたいなら記事のHTML欄、または、はてな記法・Markdown記法の編集欄に以下のコードを貼り付けよう。化学記事をバンバン御投稿なさる方は「ブログの設定>詳細設定>headに要素を追加」と辿って、以下のコードを貼り付けよう。

<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.0/jquery.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
  jQuery(function ($) {
    $(".chemistry-full").each(function(){
      var txt = $(this).html();
      txt = txt.replace(/(\)|\]|H|He|Li|Be|B|C|N|O|F|Ne|Na|Mg|Al|Si|P|S|Cl|Ar|K|Ca|Sc|Ti|V|Cr|Mn|Fe|Co|Ni|Cu|Zn|Ga|Ge|As|Se|Br|Kr|Rb|Cs|Fr|Sr|Ba|Ra|Y|Zr|Nb|Mo|Tc|Ru|Rh|Pd|Ag|Cd|In|Sn|Sb|Te|I|Xe|Pt|Au|Hg|Tl|Pb|Bi|Po|At|Rn|La|Ce|Pr|Nd|Pm|Sm|Eu|Gd|Tb|Dy|Ho|Er|Tm|Yb|Lu|Hf|Ta|W|Re|Os|Ir|Ac|Th|Pa|U|Np|Pu|Am|Cm|Bk|Cf|Es|Fm|Md|No|Lr|Rf|Db|Sg|Bh|Hs|Mt|Ds|Rg|Cn|Uut|Fl|Uup|Lv|Uus|Uuo)(\d+)/gm,'$1<sub>$2</sub>');
      txt = txt.replace(/\^(\d*[\+\-]|\d+)/gm,'<sup>$1</sup>');
      txt = txt.replace(/(SO|NO)x/gm,'$1<sub>x</sub>');
      txt = txt.replace(/\)(n|m)/gm,')<sub>$1</sub>');
      txt = txt.replace(/K(w|a|b|sp|h)( |\n)/gm,'K<sub>$1</sub>$2');
      $(this).html(txt);
    });
    $(".chemistry-short").each(function(){
      var txt = $(this).html();
      txt = txt.replace(/(\)|\]|H|He|Li|Be|B|C|N|O|F|Ne|Na|Mg|Al|Si|P|S|Cl|Ar|K|Ca|Sc|Ti|V|Cr|Mn|Fe|Co|Ni|Cu|Zn|Ga|Ge|As|Se|Br|Kr|Rb|Cs|Fr|Sr|Ba|Ra|Y|Zr|Nb|Mo|Tc|Ru|Rh|Pd|Ag|Cd|In|Sn|Sb|Te|I|Xe|Pt|Au|Hg|Tl|Pb|Bi|Po|At|Rn)(\d+)/gm,'$1<sub>$2</sub>');
      txt = txt.replace(/\^(\d*[\+\-]|\d+)/gm,'<sup>$1</sup>');
      txt = txt.replace(/(SO|NO)x/gm,'$1<sub>x</sub>');
      txt = txt.replace(/\)(n|m)/gm,')<sub>$1</sub>');
      txt = txt.replace(/K(w|a|b|sp|h)( |\n)/gm,'K<sub>$1</sub>$2');
      $(this).html(txt);
    });
  });
</script>

・非はてな民はなんとかして使いたいページのHTMLに上のコードを貼り付けよう。場所はheadの中でもbodyの中でもどっちでも良い。

・使いたい場面をdivで囲んで、クラス名を"chemistry-short"か"chemistry-full"にしよう。違いはランタノイドとか絶対に必要ない元素に対応してるかしてないかの違いだけだ。通常"chemistry-short"にしとけば問題ない。

・下付き文字はそのまま入力、上付き文字は「^」の後に入力。累乗入力と同じだ。

・後は自動的に相手のパソコンが処理して、ちゃんと上付き・下付きにしてくれるはずだ。もちろんJQueryなので、相手のブラウザでJavascriptが無効になっていたら処理されない。



まあなんかあったらコメントください。

化学の語呂合わせなど

 受験勉強で覚えた知識をテストだけにぶつけるのもアレなので、ここに垂れ流しておきます。どっかから拾ってきた知識ばっかりなのでググったらカブリがすぐ見つかると思います。つまり超オボってます。あしからず。

語呂合わせは、情報量(受験には必ずしも覚える必要のない知識も含んでいたほうが良い)の基準で選んでます。あと覚えやすいの。

 

周期表

f:id:envs:20151113235529p:plain

H He Li Be B C N O F Ne

水兵リーベ僕の船

Na Mg Al Si P S Cl Ar K Ca

ななまがり、シップスクラークか

Sc Ti V Cr Mn Fe Co Ni Cu Zn Ga Ge As Se Br Kr

スコッチ暴露マン、徹子にどうも会えんがゲルマン斡旋ブローカー

ここまで覚えれば十分です。横はね。

残念ながら縦を覚える必要があるんですよ。暗記不可避です。

1 H Li K Rb Cs Fr エッチでリッチな彼はルビーせしめてフランスへ

2 (Be) Mg Ca Sr Ba Ra 曲がった彼女のストローバラ色

飛んで

10 Ni Pd Pt ニッパラ白金

11 Cu Ag Au イレブンオリンピック

12 Zn Cd Hg 亜鉛角見過ぎ

13 B Al In Tl バストはあるがインテリ

14 C Si Ge Sn Pb 臭いゲロすんな

15 N P As Sb Bi 日本の朝は酢豚とビール

16 O S Se Te Po お猿の世界にテレポート

17 F Cl Br I At ふっくらブラジャー愛の後

18 He Ne Ar Kr Xe Rn ヘイねーちゃん、ある暗闇でキスの練習

これで問題無いです。だって遷移元素モリブデンとか聞いたことねえだろ。

 

炎色反応

f:id:envs:20151114110425j:plain

リアカー無きK村で動力に馬力借ろうとするもくれない

Li:赤 Na:黃 K:紫 Cu:青緑 Ba:黄緑 Ca:橙 Sr:紅

超有名ですが個人的にはあまり好きではない;銅とバリウムの青緑と黄緑がどっちがどっちだか分からなくなるし、”するもくれない”はちょっと無理があるし…

あとこれ以外の炎色反応も全然あるんで、興味があればWikipediaが完全版かと

濃硝酸による不動態

手にある黒いコーラ

Fe Ni Al Cr Co

希硝酸には溶けるけど濃硝酸に溶けない奴らです。表面に緻密な酸化皮膜を生じて溶けなくなるってやつです。

これ、有名な酸化還元反応の半反応式を当てはめると、例えばニッケルならNi(NO3)2 みたいな感じになると予想しちゃうと思うんですよ。ところがそれが違う。NiOの皮膜によって周囲が覆われることになるのです。

どうやら僕の調べによれば、濃硝酸の反応では、まず金属の酸化物を形成してから、それが硝酸塩に変化するようなんですよね。しかし不動態を形成するこれらの元素では酸化物の時点で反応が止まってしまう、よって表面が酸化された時点で反応が止まる。

まあ半反応式を信仰していたら絶対に発想できない機構なんで、入試には確実に問われないですね。

あと不動態を形成するこれらの元素でも、温めた硝酸(40℃程度)には溶けてしまうこともあるそうです;悪評高き「化学の新研究」によれば、15℃の濃硝酸で鉄釘は直ちに不動態に覆われ反応しなかったが、30℃の濃硝酸では溶けてしまったとの事。硝酸は揮発性の酸なので温めた時に揮発して薄まってしまったのでは…と疑うことも出来るが…。

さらに言うと、ステンレス鋼やアルミニウムが錆びない理由もこの不動態です。つまり酸化物が化学的に安定で、緻密に表面を覆ってしまう性質があるということです。

逆に鉄の赤錆、つまり酸化鉄(Ⅲ)Fe2O3・n H2Oは、水和物として多量水を含み、その結晶はキメが粗く鉄の表面に密着しておらず、未反応の鉄を全く保護しないどころか、空気中の水分子や酸素分子を赤錆が吸着して、内部まで錆が進行するのを助けてしまいます。これを自触媒作用と呼びます。

 

ところで鉛は、希硝酸・濃硝酸・温めた塩酸には溶ける、硫酸・濃硫酸・塩酸には溶けない、という性質です。上の濃硝酸の不動態とごっちゃになるから気をつけてください。これは鉛の硫酸塩PbSO4、また塩化物PbCl2が水に不溶であるから、未反応の鉛の周りをびっしりと覆ってしまうため。しかしこれを「不動態を形成するから」と言ってはならない!!

というかそもそも生成物が水に不溶なので、全部反応してしまったとしても「溶け」はしないんですよ…

また熱濃硫酸に鉛は溶けるのか、という事に関しては信頼できる記述が見当たらなかった。すみません。

 

結晶の充填率

田代は飯なし

体心立方格子:68% 面心立方格子/六方最密格子:74%

覚える必要は無いかもしれない。

 

沈殿シリーズ

・硫化物沈殿(酸性条件下でも沈殿)

ドH爺さん担いで銀杏口説き

銅 Hg Sn (褐) 銀 鉛 Cd(黄)

CuS HgS SnS(褐色) Ag2S PbS CdS(黄)

記述がないのは黒色沈殿です。

・硫化物沈殿(中性・塩基性条件でしか沈殿しない)

桃色マンコに尻当てて

(桃色)Mn Co Ni (白=尻)亜鉛 鉄

MnS(桃色) CoS NiS ZnS(白) FeS

こういうのを完璧な語呂合わせっていうんですよ!!一度聞いたら忘れられないインパクトを持ちながらちゃんと沈殿の色まで覚えることが出来る…非の打ち所がない、最高の語呂です。

さて、これらの硫化物沈殿ですが、沈殿させたい金属イオンを含んだ水溶液に硫化水素を通じることによって生成します。

H2S → 2H+ + S2- ―①

Ka = [H+]2[S2-] / [H2S]

M2+ + S2- → MS ―②

Ksp = [M2+][S2-]

以上の平衡によって、酸性条件下では[H+]が大きい事から、①の平衡は右に移動し、従って[S2-]は小さくなってしまいます。

ここで塩基・中性下でしか沈殿しないイオンは、Kspの値が大きいため、Ksp > [M2+][S2-]となり、沈殿しません。

しかし酸性化でも沈殿できるイオンは、[S2-]が小さくても、それ以上にKspが小さいので沈殿が起こるというわけです。

・硫酸塩が沈殿となるもの

硫酸を馬鹿にするな

SO42- Ba Ca Sr Pb

アルカリ土類と鉛が沈殿って事です。「馬鹿に」の「に」はニッケルじゃないし、「するな」の「な」はナトリウムじゃないから注意が必要。まあナトリウム塩は全て水に可溶だから当たり前なのですが…

・過剰アンモニア水に溶解するもの

銀の角 ドアにアンモニア

Ag Cd Cu Zn Ni NH3

反応機構は、まず、アンモニアガスをこれらの金属イオンを含んだ水溶液に通じると、水酸化物の沈殿(AgはAg2O)の沈殿が生成して、その水溶液にアンモニアガスをさらに通じ続けると、これらの水酸化物はアンモニアによる錯イオンとOH^-イオンになって溶けてしまうという感じです。カドミウムが盲点になりやすいので注意しよう。

・塩化物イオンで沈殿するもの

狂ったピンクボーイはハゲの味

Cl- Pb2+ Hg+ Ag+

これなんですが…Hgが非常に曲者です。というのも、HgCl2(昇汞と言います)は溶けるのです。つまりHgイオンでも、2価のHg2+イオンでは塩化物は沈殿せず溶解するんです。

一方で、1価のHg+イオンは沈殿するのですが…1価のHg+イオンは[Hg―Hg]2+のように共有結合して二量体を形成するため、この塩化物沈殿はHg2Cl2と表示します!!またHg2Cl2は甘汞と言います。

というわけで、HgCl2の水溶液に、還元剤であるSnCl2を加えると、Hg2+は還元され、Sn2+はSn4+に酸化されて、白色のHg2Cl2を沈殿します。

2HgCl2 + SnCl2 → Hg2Cl2↓(白) + SnCl4

さらにSnCl2を加え続けると、更に還元が進んで、水銀の単体(微粒子)が遊離して黒色になります。

Hg2Cl2 + SnCl2 → 2Hg↓(黒) + SnCl4

 なおPbCl2は熱湯に可溶であり、AgClの沈殿を含む水溶液にアンモニアガスを過剰に通じ続けると、

AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^-

となって溶解します。これにより3つの塩化物沈殿を区別することができます。

・クロム酸イオンで沈殿するもの

赤褐色の銀のバナナ

Ag^+(赤褐) Ba^2+(黄) Pb^2+(黄)

Ag2CrO4 BaCrO4 PbCrO4

バナナは黄色いんですよ!!だから黄色沈殿と無理やり覚えましょう。

これらのイオン以外にも、クロム酸イオンCrO4^2+は、Cu^2+、Zn^2+、Fe^3+、Al^3+ 等とも沈殿します。しかしこれは重要ではないとのこと。